【激速】新型MacBook Pro 14インチ レビュー Pro13インチとの比較

2021-10-26

 

出先でもパワフルで快適な作業環境を構築したい!

 

話題のM1 MacBook Proを使ってみて正直にレビューする

でも紹介していますが、僕はM1チップ搭載MacBook Pro 13インチをメイン機として愛用しています。

 

M1チップを搭載したMacは、動作面での大きな不満もなく、快適に作業はできていましたが、After EffectsBlenderなどを触っているときに

もう少しGPU性能が欲しいなと感じる場面もありました。

 

できれば、もう少し性能に余裕のあるMacが欲しいということで、MacBook Pro 14インチを予約購入しました。

 

この記事では、新しく発売されたMacBook Pro 14インチが、手元に届いたので詳しくレビューしていきます。

 

光イチ
ガジェットが大好きな高校生の光イチです! 僕のプロフィールはこちらからどうぞ

 

MacBook Pro14インチ のスペック

 

プロセッサー M1 Pro(8コアor10コア)/ M1 Max(10コア)
ストレージ 512GB 1TB 2TB 4TB 8TB
メモリ 16GB /32GB 64GB
グラフィックス M1Pro 14コア・16コア M1 Max 24コア・32コア
ディスプレイ

Liquid Retina XDRディスプレイ(14.2インチ)
3,024 x 1,964ピクセル標準解像度、254ppi
ProMotionテクノロジーによる最大120Hzの高速リフレッシュレート

バッテリー 最大17時間のApple TVアプリのムービー再生
最大11時間のワイヤレスインターネット
70.0Whリチウムポリマーバッテリー
ポート SDXCカードスロット

HDMI ポート

3.5mmヘッドフォンジャック

MagSafe 3ポート

3つのThunderbolt 4(USB-C)

筐体カラー シルバー・スペースグレイ
価格 239,800円〜(税込)

 

新しく発売されたMacBook Pro 14インチのスペックは上記の通りです。

 

M1搭載MacBook Pro 13インチ比較すると、筐体も大幅に変わり、CPU性能やGPU性能はもちろん、搭載されているポートも増えています。

 

今回、購入して当ブログで紹介するMacBook Pro 14インチは、1番価格の安いモデル。

色は、スペースグレイを選択し

プロセッサーは、M1 Pro/M1 Max2種類あり、購入したのはM1 Proです。

M1 Pro搭載モデルのスペック

 

8コアCPU
14コアGPU
16GBユニファイドメモリ
512GB SSDストレージ
16コアNeural Engine
14.2インチLiquid Retina XDRディスプレイ
Thunderbolt 4ポート x 3、HDMIポート、SDXCカードスロット、MagSafe 3ポート
Touch ID搭載Magic Keyboard
67W USB-C電源アダプタ

 

 

MacBook Pro 13インチの購入時は、オプションで、メモリ8GBから16GBに変更したが、MacBook Pro 14インチは、16GBが標準で積まれている。

SSDストレージも、512GBから1TBPro 13インチの時は行ったが、今回は、これ以上の高額となるのが恐ろしく1TBは断念。

容量不足になった時は、外付けのSSDで対応しようと思う。

 

CPUは、6つの高性能コアと2つの高効率コアから構成されており、M1チップと比較して効率コアが減少しているので、消費電力は向上が考えられる。

その分、MAXパフォーマンスが向上しており、高負荷の作業が快適にできそうな構成になっている。

 

性能面だけではなく、筐体やディスプレイ、使い勝手など、MacBook Pro 13インチ比較しながら、MacBook Pro 14インチを詳しく見ていきます。

 

MacBook 14インチを詳しく見ていく

 

 

外箱はいつもどおりのAppleの箱です。

Mac Book Pro13インチの時と比べ、若干ずっしり感がありました。

 

 

実際に開封をしていく。

この場面の開封時、一番テンションがハイになる場面です。

 

まず一番最初に感じたのは、ロゴマーク大きくなっていること。

予想以上に大きく最初は、びっくりしました。

 

 

Mac Book Pro 14インチ本体
67W USB-C電源アダプタ
MagSafe充電ケーブル
ステッカー
説明書

 

付属品は上記の通りです。

 

MacBook Pro 13インチの時と、特に大きな変化はありませんが、充電ケーブルがUSB Type-CのものからMagSafe充電ケーブルに変更されています。

 

 

MagSafe充電ケーブルは、編み込み式のケーブルになっており、耐久性は非常に良さそうな印象です。

磁石で引っ付くので、すごく手軽に充電をすることが可能です。

 

 

磁力が強く取り外しにくい場面も少しみられました。

 

MacBook Pro 14インチの「良いところ」と「気になるところ」

 

MacBook Pro 14インチの良いところ

 

M1チップから大幅パワーアップし GPU性能が飛躍的に向上

 

 

やはり、一番の売りはチップ性能の大幅な向上だ。

今回、僕が購入したモデルは8コアモデルの Proを購入しましたが、大幅な性能の向上を感じることができました。

 

8コアモデルは、10コアモデルのM1 ProM1Maxと比べ約20パーセント性能が低いという情報も出ているが、個人的には8コアモデルでも十分すぎる性能を持っているなと感じました。

 

8コアモデルでも、M1チップと比べると、マルチコアスコアは性能が約30%スコアが高いので、性能は向上している。

 

またGPU性能が大幅に向上しており、M1チップから80%もOpenCLスコアが向上しているみたいです。

 

32コアモデルとは77%も差が開いているが、16コアGPUのM1 Proチップとの差は12%程とあまり差はない。

 

GPU性能が飛躍的に向上したので、3Dグラフィック4K8Kといった重たい動画編集などで力を発揮してくれそうです。

 

ディスプレイの表示領域の拡大 ・最大120Hzに対応

 

 

また良くなった点として、ディスプレイの表示領域の拡大と最大120Hzのリフレッシュレートに対応したことです。

 

ディスプレイが大きくなったことで、作業領域が大きくなり、作業がしやすくなったなと感じています。

また、ベゼルが薄くなりデザインも良くなったなと個人的に感じています。

 

また、そこまで実感はできないですが、最大120Hzの高リフレッシュレートにも対応。
マウスカーソルが滑らかになった印象があります。

 

Pro13インチとさほど変わらない面積で、よりベゼルが狭くなりディスプレイが大きくなり見やすくなりました。

 

光イチ
複数のソフトで作業する人にとってはかなり快適だよ!

 

ポートが増え拡張性が良くなり ハブを持ち運ばなくて良くなった。

 

 

良くなった点として、搭載されているポートが充実し、拡張性が良くなったなと感じています。

M1チップを搭載したMacBook Pro 13インチでは、Thunderbolt 4が2スロット3.5mmヘッドフォンジャックという非常にミニマルな構成で拡張性がイマイチでしたが、MacBook Pro 14インチでは、ポートの拡張性が向上しています。

 

SDXCカードスロット
HDMI ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
MagSafe 3ポート
3つのThunderbolt 4(USB-C)

 

SDXCカードスロットHDMIポートMagSafeの復活など、端子周りが非常に充実しており、今まで常時持ち歩いていたUSBハブの出番が減りそうな予感です。

 

 

個人的にSDXCカードスロットの搭載が嬉しく、USBハブなどを使用せず、写真や動画といったデータの転送が楽になりました。

 

自分は、ブログでカメラを使用して写真を撮る機会が多いので、本当に助かります。

また、ブロガーだけでなく、フォトグラファーやYouTuber・動画クリエイターなどにも嬉しい機能だと思われます。

 

 

個人的にHDMIポートは、プレゼンとかする時に場所によっては必要となるため、ハブを持ち歩かなくても良くなるので、かなり便利かな。

 

これだけのポート類なら、僕の使用環境であれば、ハブの必要がグーンと少なくなる。

 

1080pのWebカメラを搭載しビデオ会議が快適に

 

 

MacBook Pro 13インチは、720pのWebカメラだった為

ビデオ通話快適に Webカメラ ロジクール C920n レビュー

でも紹介しました、外付けの1080pのWebカメラを使用してきました。

 

ですが、MacBook Pro 14インチには、1080pWebカメラが搭載されており、非常に綺麗になりました。

かなり鮮明で綺麗に写り、肌の血色も良く明るく写るので、Web会議でもかなり盛れます。

 

光イチ
このアップデートはかなり大きい!!

 

6スピーカーサウンドシステムにでの音質の向上

 

 

良いところして、スピーカー性能の向上も挙げられる。

僕は、MacBook Pro 16インチを使用していたことがあり、その時の内臓スピーカーの音質の良さにも感動したが、今回も同じく感動しました。

 

MacBook Pro 13インチでも、音質は十分良かったが、低音などが少しスカっとした印象がみられましたが、今回の6スピーカーサウンドではかなり改善されていました。

 

低音もしっかりパワフルで、高音域の伸びも滑らかで、音の広がり方も感じれる内臓スピーカーでした。

 

光イチ
内臓スピーカーで、ここまでの性能あれば、もう本当に文句なしです......

 

 

通気口が増えており冷却性能が良さそう

 

 

また、冷却対策の通気口の方も、以前のモノより工夫がされています。

 

アップルマークが大きくなった。スタバでのドヤり性能向上

 

 

今モデルのMac Book Pro 14インチは、MacBook Pro 13インチと比較してみると、Appleのロゴが、かなり大きくなっています。

 

このAppleのロゴが大きくなることで、スターバックスなどのカフェでの作業時の、ドヤり力の向上が見込まれています。

おしゃれなカフェなどで、「最新のMac Book Pro使ってるぜ いえい」とドヤりたい人には、かなり大型アップデートだと思われます。

 

光イチ
さすがAppleさんパワー全開!!

 

MacBook Pro 14インチの気になるところ

 

MagSafeの磁力がかなり強い

 

 

磁石の力で、ワンタッチで手軽に充電出来るMagSafeですが、少し磁力が強いなと感じました。

もう少し磁力が弱い方が、快適に脱着ができるかなと個人的に感じました。

 

光イチ
予想以上に磁力が強く脱着が大変でした.....

 

筐体が分厚くなっている

 

 

MacBook Pro 13インチと比べて筐体が分厚くなっているということも挙げられる。

 

ポート類が充実していることや性能が向上していると考えると妥協できるが、やはり気になるなというのが本音。

 

 

また、ディスプレイも少し分厚くなっており、Pro 13インチと比べて全体的にゴツゴツしている。

 

デザインは個人的に前モデルの方が好み

 

 

個人的に気になる点はデザインだ。

 

MacBook Pro 13インチは、非常にミニマルな筐体で、端子類はサンダーボルトしかなく非常にシンプルなPCで好みでした。

今回のMacBook Proは、端子類がかなり増えたので、少し見た目がゴツゴツした印象になっています。

 

また、筐体にも変化があり、今までのMacBook Pro 13インチは、金属のひんやり感を感じることができましたが、MacBook Pro 14インチでは、あまり金属のひんやり感が感じることができなくなりました。

 

個人的にこのひんやり感が好きで、所有欲が満たされていたところもあるので、少し残念です。

 

個人的にデザインは、今までのMacBook Pro 13インチモデルの方が好きですが、使い勝手はこちらのほうが圧倒的に良さそうですね。

 

まとめ

 

 

このような感じで、MacBook Pro 14インチのファーストインプレッションをしてみました。

 

まだ、手元に届いてから数時間しか経過していないので、長期間的なレビュー記事も作成しようかなと考えています。

 

一般的な使用用途では、M1チップを搭載した従来のMacBookシリーズでも十分な性能をもっています。

今回のモデルは、よりプロ仕様になり、出先でも高負荷の作業ができるようになったモデルだなと感じています。

 

最近、After EffectsBlenderなどの、高負荷のモノを使用することも増えてきたので、このMacBook Pro 14インチで、色々な事に挑戦していきたいなと考えています。

 

もしこの記事が皆さんの参考になれば幸いです。


 

MacBook14インチ Amazonリンク

Appleストア リンク

Amazon Appleストアリンク

 

 

 

 

 

 


関連記事

新型MacBookが登場! Apple Event 2021 わかりやすく 総まとめ

  新型MacBook Proが、大幅な進化!   日本時間 9月15日に午前2:00からAppleの新製品発表会が開催されました。   今回、発売が発表された製品は、「 ...

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-MacとPC
-, , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5