コスパ最強PC レノボ LEGION 550Pi レビュー

2020-09-28

今回は、レノボのLEGION 550PiというゲーミングノートPCの
レビューをしていこうと思います。

LEGION 550Piの購入理由

僕は今年の8月からMacBookを使用していますが、
父親のPCは7年以上前のWindows7のPCを使用していました。
HDDから異音が鳴ったりDVDドライブも破損し使用できなくなっておりスペックも低くかったので
新しいPCの購入に踏み切ったみたいです。

PC探し

父親は10万円くらいでPremiere Proの動画編集ソフトが
使用できるノートパソコンが欲しいということで一緒に探しました。

いろいろと調べていくとPremiere ProはインテルのCPUでGPUはGeForceが相性が良いとか
ゲーミングPCは動画編集も得意とあったのでゲームは特にしないと思いますが
ゲーミングPCで各社のコストパフォーマンスの良いPCを調べました。

RyzenのCPUは価格的に魅力がありましたが
ここはCPUはインテルということで購入候
補が2台に決まりました。
ASUSのゲーミングPCとこのLEGION 550Piです。

なぜLEGION 550Piに決めたのかは、第10世代の最新のCore i7でGeForce付きでメモリが16GBで
レノボの直販サイトでは販売価格は20万円を超えていますが
謎の魔法のクーポンなどを使用すると最終的な価格は112500円だったからです。
このスペックでこの価格は他には僕が調べた限り見つかりませんでした。
(11月5日現在 105,356円で販売 さらに7,144円安)

レノボの直販サイトは、価格や納期などが日々かわるので安くなっているタイミングでポチリました。
納期は2か月以上とありましたが、驚きの2週間程で届きました。

LEGION 550Piのスペック

・プロセッサー: インテル Core i7-10750Hプロセッサー ( 2.60GHz 12MB )
・ディスプレイ: 15.6" FHD IPS 光沢なし LEDバックライト 1920x1080
・メモリー: 16.0GB DDR4-2933 DDR4 SODIMM 2933MHz (8.0GBx2)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR6
・ストレージ: 512GB SSD
・キーボード: ホワイトバックライト付キーボード 日本語
・ワイヤレス: Wi-Fi 6対応

LEGION 550Pi の良いところ

コスパが良い
前述のとおりこのスペックでこの価格は最安かも

キーボード
キーボードが凄く好みです。
ストロークも深すぎず浅すぎず絶妙な打ち心地だと感じました。
スイッチも少し湾曲しており、しっかりキーボードの真ん中で指を受け止めてくれます。

液晶が非光沢液晶
僕は正直光沢の液晶はあまり好きではないです。
たしかに光沢液晶の方が綺麗に見えるが
画面に自分の顔が映るときがあり見にくい。

派手すぎないデザイン
ゲーミングPCと言えば様々な色に発色し派手なイメージがあるが、このPCは割とシンプル。
キーボード部分が白く光るのとモニターの背面のロゴが光る。
どれも派手過ぎずに個人的には好みです。

しっかりUSBが使える
MacBookはtypeCのポートしかないので外付けのポートが必要となります。
やはりWindows機となってくるとUSBが普通に差し込めるのでとても楽です。

質感
インターネットで見る限りこのPCはMacBookのようなアルミのような質感かな?と思っていましたが
実際に触ってみるとマットな印象です。MacBookよりざらざらな感覚の肌ざわりです。

排熱性が良い
さすがゲーミングPC排熱性が良いです。MacBookよりもこちらの方がファンの音も静かで
本体もMacよりも熱くならないなと感じました。

ポート場所
PCの後ろにポートが集中しているので横からケーブルが出ずスッキリとした見た目になる。

断線予防?
電源のケーブルに赤いプラスチックが付いています。
ケーブルをまとめるときに使うパーツみたいだ。
細かい気遣いまでされており感動した。

LEGION 550Piのイマイチなところ

リフレッシュレート
ゲーミングPCと謳われているPCは
リフレッシュレートが144Hzのものが多いが
このPCは60Hzです。
これの上位機種は144Hzみたいですが、まあMacBookも60Hz程度なので
スピードを要求するゲームをしない限り問題ないのかな。

カメラ
このPCにはWebカメラが付いていません。コストダウンかな?
我が家では使用することはないと思いますが、このご時世あった方がいいですね。
まあ品質のよい外付けのカメラというのもありですけど。

背面のロゴ
起動時には、背面のロゴが白く光ります。
モニタを閉じてスリープ状態にした時は点灯から点滅に変わります。
キーボードの点灯の調整はできますがロゴの点灯調整は
僕が調べた限りではどこにも書かれていません。

調整できないのかな?
ちなみにACアダプタ供給時だけで内部バッテリの使用時は光りません。

JISキーボード
ホームページにキーボードの写真を探しても
US配列のものしかなく日本仕様のJIS配列は載っていません。
どのような感じなのか写真を載せて欲しかった。
実際に使用してみるとEnterキーが以前に使用していたものやMacBookよりも小さく
隣のテンキーの7や4を押してしまう時がある。

まとめ

僕は今年の8月からMacBookを使用しているので
このPCにふれた時まだ2か月弱ですがとても懐かしさを感じました。
このPCを使い動画編集やデザイン作成やブログの執筆などの作業をしてみましたが
MacBook Proとかわりなくストレスなく作業ができました。

MacBook Proの約三分の一の価格で非常にコストパフォーマンスがよくて使いやすく
皆さんにおすすめできる製品だなと感じています。

 





最後までご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-MacとPC
-, , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5