ビデオ通話快適に Webカメラ ロジクール C920n レビュー

2021-01-25

今では当たり前となってきたビデオ通話。

友達と話をしたり、ミーティングをしたり、日常的に使用している。
また、この間に行った高校受験も、人と直接合うのではなく
ビデオ通話で行うなど、時代は進化していると感じている。

僕が、メインで使用しているMacBook Pro13インチ2020年モデルに搭載されている
Webカメラは720pのモノが搭載されている。

720pでも搭載されていないよりはマシだが、ノイズや解像度も低く快適とは言い難い。
また、父親のメインPCであるLenovoの550Piは、Webカメラが搭載されてないので
父親が、リモートで仕事ができないということで、Webカメラを購入した。

関連記事:コスパ最強PC レノボ LEGION 550Pi レビュー

しばらく使用して、色々な点が見えてきたので、当ブログで紹介したい。

購入したWebカメラは、ロジクール C920n

購入したWebカメラは、ロジクールのC920nという製品。
1080pでオートフォーカスが付いており、価格は、7500円程度
Webカメラとしては、少し良い部類に入る製品だ。

ロジクール C920nmのスペック

  • フルHDテレビ電話と録画
  • 1080p解像度 30fps
  • 5エレメントのフルHDガラスレンズ
  • プレミアムオートフォーカス
  • HD光調整
  • デュアルマイク
  • 三脚対応ベース小型で調節可能なウェブカメラ

 

ロジクール C920nを使ってわかった良いところ

やはり1080pは綺麗

使用したPCは、MacBook Pro13インチ2020年モデルだが、明らかに画質が向上した。

特にその恩恵は、外部の大きなディスプレイで使用すると
一瞬で感じることができた。

標準搭載のWebカメラと比べ、シャープで顔が明るく写り、ノイズも少ない。
一緒にビデオ通話をした知り合いにも、あれ?なんか綺麗?と気づかれたくらいだ。

デザインは洗礼されている

まず、箱から取り出して感じたのは、思っていたよりもコンパクト。

商品写真を見ている限りでは、かなりゴツゴツとした印象だが実際に見てみると小さい。
モニター上やPCの上に、webカメラを載せても違和感は、あまり感じられない。

Webカメラを使用しているときは光る

ロジクールのC920nは、カメラを使用時には、本体のLEDが光るようになっており
カメラを使用しているかいないかは、ひと目でわかるようになっている。

LEDは、明るすぎず、暗すぎず、適切な発光なので、まぶしくもなく
作業の邪魔にならないのも良いポイントだ。

専用ソフトLogicool Captureが、かなり優秀だが....

ロジクールから出ているLogicool Captureというソフトが非常に優秀。
Logicool Captureでは、画像調整の他にも録画機能や、YouTube、Twitchなど
ストリーミングプラットフォーム用カメラとしての機能があり多機能。

カメラ設定』アプリで、行える画像調整は、すべて網羅しており不満はない。
OBSをしなくても簡単に配信を行うことができる。

強いて言うならば、背景ぼかしとかバーチャル背景には対応していない。
(お金の力で解決可能)

あと、M1チップ搭載Macは、ロゼッタを介しても動作ができなかった。
Windowsは動作可能。

ロジクールC920nを使ってわかった気になるところ

音声はぶっちゃけ変わらなかった

ロジクールのC920nは、カメラの両サイドにステレオタイプのマイクを搭載されている。
MacBook Pro13インチのマイクと比べてみたが、大きな変化はなかった。

悪いわけでもなく、使えないわけでもなく、通常の音質と思われる。
Web会議で、音声の性能を上げたい!ならマイクの購入をオススメする。

説明書を付けてほしい

製品を開封したとき
特に、説明書やサポートの案内もない。

あとは自力で調べてくれ的な感じ。
もう少し、専用アプリの解説や使い方の解説があると嬉しい。

オートフォーカスは少し不安定

オートフォーカスが、あるということで、購入したが不安定で
フォーカスが、定まらない場合がある。

オートフォーカスを選択した場合、ある程度の距離まではフォーカスするが、近距離撮影ではフォーカスが合ってくれるのに、時間がかかると感じられた。

まとめ

今回は、リモートワーク用に、ロジクールのC920nを購入したのでレビューしてみた。

MacBook Pro13インチ2020年のWebカメラと比べ、画質はかなり綺麗で満足。

ロジクールから出ている専用ソフトも優秀で、OBSを使用しなくても
YouTube、Twitch等の配線をできる環境が、そろうので
これからライブ配信などを始めたい人にも、オススメできる製品だ。

ロジクールから出ている専用ソフトが、早くM1のMacに、対応してほしいなと思っている。
気になる点も、少し出てきているが、個人的に満足のいく製品。

最後までご覧頂きありがとうございます。


Amazon最安値リンク





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ガジェット
-, , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5