シューズ沼から脱出 S-WORKSのビンディングシューズ レビュー

2020-10-07

今回は僕が使用している自転車用の靴
(ビンディングシューズ)
の紹介をしたいと思います。
僕は、これまで計3足のシューズを渡り歩いてきました。
試しで履いているときは良かったのですが、購入してしばらく履いていると
自分には合っていないのではないかと思うことがよくありました。
今回やっと自分の求めていた完璧なシューズに出会うことができましたので
ご紹介したいと思います。

以前使用していた靴


自分は以前GIROのEMPIREというシューズを使用していました。
非常にオシャレなシューズでとても気に入っていましたが自分には合わなかったです。
ショップの方から聞いたところ僕の足の形は、幅が広く少し扁平足のような足らしいです。
このGIROの靴はデザイン面では非常に気に入っていましたがGIROの靴は幅が細く自分の足に
合わず靴ずれや
が出たりしていたので泣く泣く次のシューズを探すことにしました。

そこでS-WORKSと出会った


デザインもかっこよくて足の幅が広くても快適に履けるシューズは、ないのかなと思い
ぼくはシューズ探しのWebの旅に出ました。
そして、そのことを知り合いに相談したらS-WORKSのシューズ結構いいよと聞き
早速Webで拝見したが非常にかっこいい。
しかも、足の幅の広い人でも履けるようにワイドタイプというバージョンもあった。
すぐさま試しに履かせてもらう為ショップへ行き、気に入ったので注文をしました。
10日ほどで注文したものがショップに届いたので取りに行きました。

このシューズ(S-WORKS6Road)を購入してから一年が経過しましたので
この商品のレビューをしていきます。

S-WORKS6Roadを使った感想

この商品を使用して思った感想は前に使用していたGIROより優しいシューズだなと感じました。
GIROのソールは非常に硬く分厚くできていました。

踏むとすごくダイレクトに力が伝わってくれます。
僕の脚が貧脚すぎるのが原因なのかもしれませんが
少し硬すぎて足の裏が疲れてしまう印象がありました。
このシューズはGIROと比べて優しい印象があります。
ソールは、GIROより薄くできているなという感じで、GIROのほうが硬いのですが、この靴も結構硬い方です。
この靴は硬いだけではなく適度な遊びがあるような感じがしました。
長距離を走っていても足の裏が痛くなくて非常に快適なライドを楽しめます。

S-WORKS6Roadの良い所

BOAはやはりいい

ぼくは以前GIROのシューズを使用していたときはヒモ靴タイプのものでしたが
今回はBOAというダイアルで調整をするシューズに乗り換えました。
確かにヒモ靴は、その日の足のむくみ具合に合わせてフィットさせることには
メリットを感じていましたが、脱着が非常に不便で時間がかかるのが不便だった。
だがBOAに乗り換えると脱着が非常にスムーズになりました。
フィット感は流石にGIROのヒモ靴よりかは少し劣りますがしっかり足が固定され
フィット感も非常に良好です。
恐らくもうBOA以外のシューズには戻れないかもしれないという
レベルまでハマっています。
生地感が良い

このシューズは非常に生地感が良いです。
さらっとして汚れも落ちやすく掃除もしやすい。
通気性も非常によく足臭で有名だった僕の足の匂いは驚くほど軽減されました。
GIROのときはメッシュが少なく恐らくこもっていたのかな?という僕の予想。
かかとのホールド力

かかとのホールド力がものすごく良いなと感じました。
かかとの部分がとても硬くしっかりとしている。
表面も樹脂のようなもので覆われておりホールド力あり、かかとがズレない。
GIROはかかと部分が非常に柔かかったので、雑な履き方をしてしまうと
かかとの部分が変形してしまう恐れがあった。
だがこのシューズは非常にしっかりとつくられているので長持ちしそうだ。
ワイドタイプがある

冒頭でもご紹介したとおりこの製品には、ワイドタイプがあるので足の幅が
広い方でもしっかり合わせられるという選択ができるのが良いなと感じました。
海外のメーカーの製品でワイドタイプがあるものは結構限られてくると思うので
貴重な存在です。
シンプルにかっこいい
やはり海外のメーカーのシューズは、デザインも面白いものからクールな感じのものまで
様々なデザインのシューズがあるので見ていてすごく楽しいなと感じます。
僕は今回Blackを購入したが非常にデザインもシンプルでかっこよく気に入っています。

S-WORKS6Roadのイマイチなところ

メーカーにこだわりが強い人は向いていないかも
この商品はスペシャライズドが製作、販売をしているシューズです。
スペシャライズドのバイクを乗っている方は非常に統一感が生まれそうだ。
一方でスペシャライズドのバイク以外のバイクを持ってるいる方は
このメーカーとメーカーの組み合わせはすこし違うのではと感じる方もおられるので
メーカーに
こだわりがある方には少しおすすめしにくいのかなと感じました
シンプルに値段が高い
スペシャライズドの製品はハイグレードな製品になるとS-WORKSというかっこいい名前がつく。
さすがS-WORKSということもありこの商品は約4万円もするので
初心者の方で初めてのビンディングシューズと考えると少しハードルは高いのかなと感じました。

まとめ

今回はスペシャライズドS-WORKS6Roadのレビューをまとめました。
今現在は、新作の7 ROADが発売されています。
このシューズはデザインもかっこよく快適性もあり反応性や剛性なども
非常にすぐれているなと感じています。
非常にお気に入りのシューズなので
これからもこのシューズと一緒に自転車を楽しんで行けたらなと思っています。


最新版 SWORKS7Road

スペシャライズド Specialized メンズ 自転車 シューズ・靴
【S - Works 7 Vent Road Cycling Shoe】White


最後までご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-自転車
-, , , , , , , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5