おすすめ カーボンホイール カンパ BORA ONE 50 レビュー

2020-10-16

今回は、自転車のホイールについて書かせていただきます。
僕の勝負用のホイールとして使用しているのは、BORA ONE 50です。
このホイールは、非常に素晴らしいと感じたのでレビューを書きたいなと思います。

BORA ONE 50を選んだ理由


このホイールは、自転車を始めた時から憧れのホイールだった。
もう、前からカーボンのホイールを買うならBORAと決めていたくらいです。

そして、競技を始めてから少しずつだが、成績が出始めて来た時に
親からカーボンホイールを買ってあげるという夢のようなお言葉いただきました。
前からBORA一択だったのでカンパニョーロのBORA ONEを選択しました。
ちなみに、親はこんなに高価なものとは思っていなかったようです。

BORA ONE 50を使ってみた感想



このホイールを使用して、一番最初に感じた事は加速、高速域での伸び
全てにおいて圧倒されました。

このホイールを使用するとバイクの性格が、ものすごく激変します。
一気に、レーシーなバイクに激変しました。
剛性は非常に硬くグングン進んで行きキレがあります。
50mmと少し高めのリムハイトだが、重量が軽いディープホイールなので山も上れる。
初めて乗った時は、今までに無い体感だったので今でも鮮明に覚えています。

BORA ONE 50の良いところ

重量が軽い
僕が使用しているBORA ONE 50のクリンチャーモデルの重量は1485g

リムハイトが50mmあるホイールの中では中々の軽量モデルです。
重量が軽いと何が良いかと言うと、回転質量の軽減です。
車重を軽量するよりも、回っているホイールを軽量化すると10倍くらい違うと言われている。
車で表すとホイールを軽量化し、回転質量を軽減させると
燃費が向上する=より小さな力で運行できる

そして重量が軽いと山でも有利になる。
ヒルクライムは重力に逆らって走るので、ホイールの軽量化はかなり大きいです。
剛性がある
軽量化もやはり重要だが剛性も非常に重要。

軽量化を意識しすぎて、剛性不足になりすぎてもだめなのでバランスが重要だと私は思います。
このホイールは非常に軽量でありながらも剛性があります。
剛性が高いとストレートに動力になり、反応も良くなり加速力も向上します。
だが、硬すぎると脚にきてしまい、へたってしまいます。
このホイールは非常に硬いが適度な硬さだなと感じています。
スピードに乗れば、小さな力で回転を維持できるので、高速巡航でも恩恵があります。
適度な硬さで巡航ができるのは、非常に気持ちが良い。
このホイールは重量、剛性のバランスが素晴らしいなと感じています。
良く回る
カンパニョー
ロのUSBハブは非常に優秀。

カンパニョーロ、フルクラムのハブは非常に定評があり
脚を止めてもスピードがあまり落ちないです。
MAVICのホイールを使用していたのですが、その違いにびっくりです。
良く止まる

カーボンホイールはブレーキの効きがやはり、アルミと比べるとイマイチな印象があります。

だが、このBORAONEは、AC3加工という特殊なブレーキ面の加工を行っているので
ブレーキの不安もなくしっかり減速できます。
僕の知り合いで、ブレーキ面が旧型の物を使用されている方がおられて
その方もAC3になってから、ブレーキの効きが、ぜんぜん違うと言われてました。
見た目
僕には、ものすごくかっこよく見えます。カーボンの上からクリアが吹かれており
近くで見ると網目が見える。このデザイン大好きです。

BORA ONE 50のイマイチなところ

横風に少し弱い
今は、結構慣れてはきましたが、このホイールは横風に弱いです。

最初は、リムハイトが高いし横風に弱いのかなと思っていましたが違うみたいです。
僕は、ワイドリムとナローリムのホイールを所有しています。

ワイドリムタイプのものは、リムの先が丸くなっており
それにより横風を上手く逃してくれているらしいです。

だが、BORAで使用されているナローリムというリムの先は鋭くなっている。
これが横風を跳ね返してしまい
ハンドルが、もっていかれる原因のようです。

まとめ

今回は僕がBORA ONEを導入してみて感じたことをまとめてみました。
このホイールはオールラウンドに使用する事ができ
ヒルクライムから平坦までこなせるホイールだなと感じました。
デザインも気に入っており見ただけでテンションの上がるホイールです。

これからもこのホイールを使用し自転車を楽しんで行きたいなと思います。






最後までご覧いただきありがとうございます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-自転車
-, , , , , , , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5