すぐできる! 勉強 仕事にも使える 集中力を爆速に上げる方法7選

2020-10-19

今回は、集中力について、記事を書いていきたいなと思います。

僕は以前、ものすごく集中力がなく落ち着きがなかった。
長時間、同じ作業ができなくて、イライラしてしまい
提出しなければいけないものが、全く終わってなくてダラダラと徹夜などもよくしてました。
やり方が、悪いのではないかと思い色々な書籍を読んだり、情報を集めてみました。
長時間作業が、できなかった僕が試してみて
効果があったなと感じとれたものを、紹介していきたいなと思います。

集中力を上げる方法1 タスクを分けて切り替える

     
個人的に、一番効果を感じ取れたものは、これでした。
25分間作業→5分間休み→25分間作業→5分間休みという方法。
これは、ポモロードテクニック(生産性を向上させるための時間管理)という
開発者が実践していた方法です。

人間には、集中力が長く続かないという性質があり、これはその性質を逆手に取ったもの。

短く時間を区切る事により、もう少し作業をしたかったという所で仕事や勉強、タスクを切り上げる。
そうすると途中で終わった感じが残り「はやく続きがしたい」と思うことにより
モチベーションを保つことができるというものです。
この方法は非常に効果がありました。
もう少し、やりたかったという気持ちが、自分を程よくじらすことができ
パフォーマンスの向上ができました。
非常におすすめの方法です。

集中力を上げる方法2  一つのことにしか集中しない


先程25分間集中し、5分間休むという方法を紹介したが
25分の作業時間中は、一つのことにしか集中しない。

例えば、数学の勉強をしていて25分間のあいだに、数学以外の
英語や社会などの他のタスクは、しないということです。

やはり他のタスクを並行して行うと、集中力のフォーカスが色々なところに行き
集中力の低下や作業効率の低下などが、起きてしまうらしいです。
例えば、作業中は携帯電源を切っておくや通知がこないようにする。などを自分は実施しました。
作業への没入感が上がり、集中力も大幅に向上することができ効果を感じ取れました。

集中力を上げる方法3 やるべきことの明確化


やるべきことの明確化とは、
一日のゴールを決めて、今日一日どれを優先してやるかなどを目に見えるかたちに整理。
やらなければいけないことを、実践し行動をするという方法です。

僕は、「Trello」というアプリを使用して、今日一日のやらなければ、いけないことをまとめています。
どこの大学かは、忘れてしまいましたが1日単位で目標を設定したほうが、達成率が高まるらしいです。
今、やるべきことを明確化し、記憶にとどめる事により、効率的に作業を進めることができます。

集中力を上げる方法4 必要なものは事前に準備しておく


これも、非常に重要なポイントだと思います。
僕は、ブログを書くときには、参考にしている資料や本などの
作業に必要なものを、しっかり準備をしてから作業するようにしています。
作業の途中で必要なものや資料などを取りに行ったり探したりしていると
集中力が分散してしまいます。
ですので、必要なものなどは、しっかり準備をしてから作業をしています。

集中力を上げる方法 デスクを整理整頓する


デスクが散らかっていると、色々なものが目に入り集中力の消耗につながります。

僕は以前、テスト前には、まずは机の片付けからはじめ。
結局勉強は進んでいない、ということがよくありました。

常に机の上は整理整頓をし、必要なもの以外は目に見えないところに置くと
色々なものが、目に入らなく集中力が上がりました。
そして、デスクに青いものを置くと、色彩心理学では集中や落ち着きを
もたらす効果があるそうなのでおすすめです。

集中力を上げる方法 食べ物の重要性


以前、僕が通っていた塾の先生が言っていた話ですが
集中力は、ブドウ糖によってつくられるのだそうです。

ブドウ糖とは、甘いものや炭水化物に入ってるもの。
ブドウ糖は、摂取しなければいけないものだが
ブドウ糖を摂取したことにより、血糖値が乱高下してしまう。
乱高下してしまうと一時的には集中力は上がるが、後からぼーっと、してしまうらしいです。

集中力を安定感させるためには
ブドウ糖を含む低GI食品という、血糖値を乱高下させない食べ物を、摂取すると良いらしいです。
例えば、そば、玄米などの茶色い炭水化物やチーズやヨーグルトなどが、低GI食品です。

集中力を回復させるのも重要


集中力は消耗するものなので、使い切ったら回復をしなければ、いけないらしいです。
回復方法は大きく分けて3つあり、寝る、目を休める、不安を書き出す、の3つです。

寝る


7〜8時間寝れば集中力は回復するそうです。また昼寝なども効果が大きいみたいです。


目を休める


人間は体の構造上、脳より目が疲れるみたいです。
まだ、脳内には使える集中力は残っているが、人間は目の疲れを脳の疲れと感じてしまう人が多いそう。
目の疲れを、癒やすのは目を温めたり、目をマッサージしたり目を閉じるなどが効果的みたいです。
僕は、パナソニック製の目をマッサージをしてくれるものを愛用しています。

関連記事:長時間作業の目の疲れに パナソニック目元エステレビュー


不安を書き出す


集中力は非常にデリケートで繊細。

モヤモヤや不安などが少しでもあると、消耗されてしまいます。
相談をするなど、いろいろな方法はあるが、一番手っ取り早いのは
メモやノートに書き出すのがいいと思います。
一旦、頭の中から悩みなどを、自分の頭の中から取り出すということです。
今すぐ解決しない悩みなどは、頭の中に保管しないで
後から考えたいタイミングで、考えたり解決したりすることで集中力を維持するという方法です。

集中力を上げる方法の まとめ


今回は、僕が試してみて
効果のあった集中力UP方法を、まとめてみました。
僕は少し前まで、非常に集中力がなく長時間の作業が非常に苦手でしたが
この7つの事を実施してからは、ブログの執筆や長時間のPC作業もこなせるようになってきました。

これからも、自分の効果があったなと思うものなどを見つけましたら
記事にまとめていきたいと思います。

 


 


 





 


 

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ブログ
-, , , , , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5