テレワークやMacと相性抜群 Dell P2419HCをレビュー

2021-01-23

 

「某ウイルスの影響で自宅にいる機会が増えた」

 

リモートワークという働き方や、自宅にいながら様々なことができるようになった。

話題のM1 MacBook Proを使ってみて正直にレビューする でもご紹介した
現在の僕のメインPCは、MacBook Pro13インチ。

13インチと小型で軽量なPCで、持ち運びがしやすく気に入ってはいるが
自宅で長時間作業をする時、以前は16インチを使用していたのもあるのか
やはり13インチでは、ちょっとキツい。

僕は元々、腰痛や肩こりが酷く、大きな画面で負担を減らしたいと思い
DellのP2419HCというモニターを導入してみた。

1週間使用してみて、いろいろな点が見えてきたので、レビューしていきたいと思う。

 

僕がモニターを購入するときの条件

 

僕がモニターを購入するときの条件は、こんな感じ。

M1のMacBookは、HDMIの出力が、不安定らしく
USB-Cケーブル1本で、画面出力とPCの充電ができるものが第1条件

お年玉をかき集めて購入するので、最大4万円くらいで収まるもの
僕は、フォトショップを使ったり、4Kの動画編集をするのでIPSパネルで
できれば4Kモニターのものを条件にモニターを探した。

 

僕がモニターを選ぶときの条件

  • USB-C一本で画面出力とPCが充電できること
  • 予算は4万円以内のモノ
  • パネルはIPSパネル
  • できれば4Kモニターが良い
  • 23インチ以上(できれば27インチが良い)

良いモニターが出てきたが購入はスルー

 

 

最初は、このDELL製品のモニターを購入することに決めていた。

このモニターは、価格は予算よりもオーバーするが、上記の条件を
満たしており4Kモニターでは最安に近かった。

新春セールで安くなっていた為、購入しようとしたが
カートに入れて、購入手続きをすると納期が遅すぎキャンセルした。

なんと予想到着予定日が4ヶ月後の5月10日で絶句。
いくら条件が合っていても、さすがに4ヶ月待つのはキツいので
スルーすることにした。

 

そして行き着いたのがDell P2419HC

 

 

お目当てのモニターをスルーしたのだが、なかなか条件に合うものが見つからず何かを妥協することに決めた。

結局、4Kを妥協することに決めてフルHDに。

WQHDなどの2Kモニターも検討したが、こちらも価格が合わず断念しました。

 

Dell P2419HCが到着

 

 

約2日後に佐川急便で到着。

DELL製品のモニターはセットアップが簡単。

 

 

モニターアームを使用しない場合は、ドライバーなど工具を使わずに、組み立てることができる。

 

 

まずモニターの台座部分の組み立てを行う。
台座とアームを合体させる。

 

 

そして台座の裏側にあるネジを手で締める。

 

 

後は、モニターの裏側に差し込むだけという簡単仕様だ。

 

Dell P2419HCを実際に使用して良かったところ

Dell P2419HCは、見た目がかっこい

 

 

このモニター、見た目が非常にカッコいい。
モニターのベゼルや、見た目も薄くてかなりスッキリとした印象だ。

 

 

以前、紹介した父親が使用しているASUSのモニターよりは分厚いが、かなり薄い部類と言える。
Macとの相性も良くかなり気に入っている。

関連記事ASUS タイムセールで購入 激安モニターVZ249HR レビュー

 

Dell P2419HCは、値段が高くなく質が良い


 

DELLのモニター全体的に言えることだが、他社と比べて安くて質が良い。
質感もチープな感じはなく、世界一のモニターブランドと言われてるだけあり、かなり手厚いサポートがある。

また保証類も豊富で安心感がある。

画面に1つでもドット抜けがあった場合でも、保証期間なら交換できる
プレミアムパネル保証やモニターの交換が必要になった場合、翌営業日までに
モニターを出荷や部品を発送しくれるサービスなど他社にはない保証も良いポイント。

Dell P2419HCは、モニターの写りはかなり良い

 

 

2万円前半のモニターにしては優秀だと感じる。

ちょっとした作業や軽い動画編集など、大抵の作業はこのモニターで使える。
パネルはIPSパネルを使用しており、角度をずらしてモニターを見ても
発色はかなり良い。

IPSパネルでUSBType-Cが使えて2万円前半は安いと思う。

Dell P2419HCは、Type-C1本で画面出力と充電ができる

 

 

USBType-Cケーブル1本で、画面出力と充電ができるのは、かなり便利。
どうしてもPCのデスク周りは、配線などで散乱してしまいがちだが
Type−Cケーブル1本で接続できるので、机の上をスッキリさせることができる。

やはり、机の上が綺麗だと生産性も良くなり、見栄えも良く作業していても
テンションが上がる。

DELL純正の台座が優秀

 

 

僕は現在、社外のモニターアームを使用しているが、純正の台座もかなり優秀。
高さ調整はもちろんのこと、回転、前後左右の傾きも調整が可能です。
また作りも高級感があり、机を揺さぶっても安定しています。

正直、他社メーカーのアームは貧弱なモノが多いが、純正の台座でもかなり満足できる。

 

Dell P2419HCを実際に使用してみて気になるところ

Dell P2419HCは、やはり4Kモニターには劣る

 

 

いくら、安くて写りが良いとは言え、4KディスプレイやRetinaディスプレイには劣る。
高級モニターとDell P2419HCと比べるのは、ナンセンスだが解像感の滑らかさが違う。

ですが、2万円でこの機能とクオリティーは満足できる製品と言える。

Dell P2419HCは、Macを充電中はハブ機能が使えない?


 

Macを充電しながら画面出力をし、モニターの左側についてるUSB-Aを使用すると反応が悪い時がある。

Macを充電している最中は、ハブが使えないのかわからないが
たまに動作が不安定で困る時がある。

Amazonのレビューなどにもこのようなレビューがあったので、元々なのかもしれないがもう少し、安定して接続できるともっと高評価だった。

Dell P2419HCは、スピーカーやヘッド端子がない

 

 

Dell P2419HCのモニターの端子

  • ディスプレイポート
  • DisplayPort出力
  • HDMI
  • USB-C
  • USB 3.0ダウンストリーム x 2 (タイプA)
  • USB 2.0ダウンストリーム x 2 (タイプA)

Dell P2419HCのポートは上記の通りになっている。
なので、モニターからスピーカーへの出力やヘッドフォンは使用できない。

PCで使用する場合は、PC本体から出力する必要があるので注意が必要。

 

Dell P2419HCのまとめ

 

 

こんな感じで、Dell P2419HCをレビューしてみた。
2万円前半で購入できるモニターながら、質感や写りもよく満足している。

またUSBTypeCだけで、パソコンの充電や画面出力できるのが、とても便利。
机の上がスッキリしており、見るたびテンションが上がる。

少し気になる点もあるが、かなり満足度の高い製品と出会えることができた。
このモニターを導入してから、僕の腰痛や肩こりも減り、快適に作業ができている。

リモートが、注目されている今、是非自宅の作業環境をアップデートしてみてはいかがでしょうか?


Amazon最安値リンクです。


DELL P2419HC プロフェッショナルシリーズ 23.8インチ(Amazonリンク)

 

USB Type-Cが、非対応であるP2419Hは、あります。

DELL公式サイトへ行く

(下記公式サイトよりAmazonのほうが安いです。)




最後までご覧いただきありがとうございます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ガジェット
-, , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5