Apple WWDC21 をわかりやすく解説  新型Macの発表はなし!

2021-06-08

 

M1X搭載のMacBookは来なかった....

 

日本時間の6月8日の午前2時より、Apple開発者会議「WWDC21」が開催されました。

Appleの開発者向けのイベントであるというのは、わかってはいるが、このWWDC21で、新製品の発表があるのではないかと期待していました。

特に、MacBook Proの新しいモデルの発表は、自分の中ではあるものと信じていました。

午前の2時から3時50分くらいまで、実際にWWDC21を観ていましたが、ハードウェアの発表は1つもなかったです。

 

光イチ
せっかく夜ふかししたのに残念だ....

 

今回は、どのような内容であったのか、詳しく説明したいのですが、英語だったので理解度が低く、言葉足らずのところもあるかとは思いますが、僕なりに頑張って整理して、まとめていきます!

 

 

WWDC21の内容のまとめ

 

「iOS 15」の発表

FaceTimeのアップデート

・シェアプレイの追加。
(通話をしながらテレビ番組や映画を見たり、音楽の共有が可能に)

・立体音響に対応し、普通の通話と比べ聞き取りやすさの向上。

・Voice lsolationの追加で通話のノイズを軽減。

・FaceTimeリンクの機能が追加。
(ZOOMのように、URLを共有し通話が可能)

 

通知のアップデート

・通知の新機能追加。

・ミー文字のアップデート(衣装やステッカーなどの追加)

集中モードの追加

・集中モードの追加(必要な通知の許可することが可能になる)

・集中モード使用時に、1時間に1回 通知をまとめて送ってくれる機能。

・通知を優先度順に並び変えてくれる機能の追加

・通知のデザインの変更

 

 

「Safari」のアップデート

・デザインの変更

・iPhone、iPadに拡張機能の追加が可能

 

 

Appleウォレットのアップデート(日本未対応)

・Appleウォレットに運転免許証や身分証明書となる機能の追加。

・Appleウォレットに鍵の追加が可能、iPhoneで自宅やガレージや車などのロックが解除できるようになる。

 

 

 

カメラや写真関連のアップデート(日本語非対応)

・Googleグラスのようにカメラや写真を使い、認識が可能に。(コピーや翻訳としても使える)

・写真に写った植物や動物の情報も調べられるように。(これもGoogleレンズ的。)

 

 

その他のアップデート

・Spotlightの検索対象に写真内のテキスト含めることが可能になった。

・Instagramのストーリーのような写真とMusicとのリンクが、AppleMusicで可能になった。

・Health アプリの更新により、歩き方や転倒のリスクの評価などの、傾向分析を提供することが可能となる。

・iCloudを50GB以上契約している人向けのアップデート、メールアドレスを隠して連絡が可能、VPNのような機能の追加。

 

AirPodsのアップデート


・AirPodsが「探す」に対応

・AirPodsからすべての通知を聞くことが可能となる。

コロナの影響なのかわからないが、今回のアップデートは「人との繋がり系」がメインでアップデートされているように感じました。

日本では、おおお!革命的だ」と思えるような大きなアップデートは少ないが、使い勝手が便利になることは間違いなさそうです。

 

iPad OS 15の発表

 

・ホーム画面のウィジェット対応。

・Appライブラリの対応。

・マルチタスク機能追加。

・スプリットビューが、Dock以外から起動可能。

・すぐにメモがとれるクイックメモ機能に対応。

・翻訳機能

 

 

個人的に、iPadのマルチタスク機能が魅力的だなと感じました。

今までのスプリットビューに加えて、真ん中にも表示させることができて、ますますマルチタスク機能が便利になりそうです。

発表前は、iPadProにM1チップが搭載されたので、Final Cut Proの追加などを期待していたが、追加はなさそうなので残念。。。

 

Watch OS 8

 

Watch OS 8の進化

・睡眠管理機能の強化。

・瞑想機能の進化。

・ポートレート文字盤の追加。

・家族のヘルスケアが見れるようになった。

 

WatchOS8の最大の特徴は、睡眠管理機能の強化です。

これまでの睡眠時間だけでなく、心拍数、血中酸素濃度、呼吸数なども保存されるようになるみたいです。

 

新Mac OS「Monterey」

 

MacOS「Monterey」

・今回のMac OSの名前は「Monterey」(モントレー)

・ iPadやMacの連携機能の強化で、横に置くだけで連携し、1つのキーボードとマウスで操作できるようになる。

MacAirPlay iPhoneで見ている映像をMacでも見れるようになる。

・Macでショートカット機能の追加。

・Safariのアップグレード・デザインの変更。

 

 

個人的に魅力的なのは、やはりユニバーサルコントロール。

iPadやMacの連携機能の強化で、横に置くだけで連携し、1つのキーボードとマウスで操作できるようになるのはかなり魅力的です。

 

WWDC21のまとめ

 

このような感じで、WWDC21についてまとめてみました。

 

今回の発表で、個人的に良いなと思ったのは、iPadのマルチタスク機能の強化とユニバーサルコントロール。

今までのスプリットビューに加え、真ん中にも表示させることができ、ますます作業効率が上がりそうです。

また、ユニバーサルコントロールの連携機能の強化で、横に置くだけで連携し、1つのキーボードとマウスで操作できるようになるのは、かなり魅力的。

 

期待していたM1X搭載のMacBook Proの発表はなかったので、少し残念な気持ちだが今後の発売に期待したい。

 




 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-MacとPC
-, , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5