【最先端デスク】FLEXISPOT E8 Bamboo スタンディングデスク レビュー

2021-09-27

 

「快適なデスク環境を構築して、お家時間を快適にしたい!」

 

1日の大半をデスクにて、学校のオンライン授業の受講や、ブログの執筆作業をしています。

1日の大半を自宅のデスクと過ごしていると、腰痛や肩こりなどの症状が出てきます。

 

僕の周りでは、リモートワークやオンラインの授業が普及してから、自宅の一室にスタンディングデスクという、天板の高さを自由自在に調整できる環境を構築し始める方が増えてきました。

天板の高さを変えることで、体にかかる負荷を分散させることができ、疲れが軽減するという噂も聞きました。

 

いつか僕も、電動昇降デスクを導入し、快適な作業環境を構築したいなと思っていた矢先に、FLEXISPOTさんからレビューする機会を頂けました。

 

今回は、FLEXISPOTの新製品である「FLEXISPOT E8 Bamboo」をレビューしていきます。

 

光イチ
ガジェットが大好きな高校生の光イチです! 僕のプロフィールはこちらからどうぞ

 

FLEXISPOT E8 Bambooのスペックと特徴

(画像はFLEXISPOT公式サイトより引用)

パネルタイプ タッチパネル
機能 USB・メモリ・ロック・障害物検知機能
耐荷重 125kg
脚幅調整範囲 110~190cm
昇降範囲 60~125cm
天板の厚さ 2cm
脚段階 三段階(ピラミッド)
対応天板サイズ 幅120~200cm 奥行60~80cm 厚み≥2cm

 

今回、メーカーさんから提供して頂いた製品はFLEXISPOT E8 Bambooという製品。

 

竹製の天板を採用したFLEXISPOT新製品で、竹の天板を採用することで環境にも優しく、耐久性や抗菌、脱臭効果も兼ね備えている。

 

天板は、長方形カーブ型から選択可能になっており、用途や使い方に合わせて天板の選択が可能です。

 

昇降機のカラーは、ホワイトブラックの二色展開となっており、インテリアに合わせて選択が可能です。

 

また、天板が昇降する機能だけでなく、障害物検知機能ロック機能などの安全装備も実装されおり、天板の高さを記憶するメモリ機能も実装されいます。

 

FLEXISPOT E8 Bambooを実際に組み立てる

 

 

FLEXISPOT E8 Bambooが到着。

 

天板と昇降機は別々で梱包されています。

天板の方は20㎏未満なので、それほど重くは感じませんんでしたが、昇降機(脚部)は、調べたところ36キロ近くあるみたいで、階段などは1人で運ぶのは厳しいです。

僕は、この机を2階で使用する予定だったので、男性2人で運びましたが、かなり重かったです。

 

光イチ
2人以上での作業をおすすめします!

 

 

まずは、昇降機が入っているダンボールを開封していく。

箱の中には、重たい金属パーツや昇降のモーターが入っているので、各パーツはかなり重たいです。

 

 

パーツを箱から取り出すとこのような感じです。

金属のフレーム、昇降のモーター付脚部、ネジ、説明書が入っています。

 

 

光イチ
ケーブルカバーはダンボールの底に入っていてました。組立時にないと思って焦りました。

 

中央フレームの組み立て

 

 

 

昇降機に天板を取り付ける中央のフレームの組み立てを行っていきます。

 

 

両サイドに2箇所づつ、ボルトを固定する穴があるので、六角で固定して行きます。

 

モーター付きの脚パーツを取り付ける

 

 

次は、モーターがついた脚パーツを取り付けていきます。

このパーツは、モーターが搭載されており、重たいので慎重に作業を進めていきます。

 

 

両サイドに、計4箇所づつ固定するボルトがあるので六角で固定して行きます。

 

脚を取り付けていく

 

次は、地面に設置するための脚部分の取り付けを行っていきます。

 

 

両サイドに脚を取り付け、4箇所づつ六角で固定して行きます。

 

天板を開封し、フレーム幅の調整を行う

 

 

ここから天板を開封し、脚に取り付けていきます。

 

 

天板を裏側に設置し、脚を天板の上へ載せると、天板の取り付け穴にハマらないので、フレーム幅の調整を行っていきます。

 

 

フレーム幅の調整は、真ん中にある六角を緩めることで調整が可能です。

調整終了後は、ネジの閉め忘れにご注意を。

 

 

しっかりフレームの調整ができると、このような感じでピッタリとネジ穴に合います。

 

ビス止めをしていく

 

 

ここからは天板にネジ止めをしていきます。

両サイドに4箇所づつネジ止めする穴があるので、固定して行きます。

やはり電動のインパクトドライバーがあるとスムーズに作業をすすめることができるのでおすすめです。

 

 

サイドのネジ止めをしたら、次はセンター部分のネジを取付けていく。

センターには取付け穴は開いてないので、インパクトドライバーが必要になってくる。

 

光イチ
自分は穴をドリルで開けましたが、そのままインパクトでビスを打っても大丈夫そう!

 

 

計4箇所あるので、それぞれ穴を開けネジを取付けていく。

 

配線の接続とタッチパネルの取り付け

 

 

ネジ止めが完了したら、次はモーターの配線を接続していきます。

モータの配線はコントローラーのM1、M2にさしていきます。

 

 

次に、天板にリモコンを搭載していきます。

僕は、マウス作業中にリモコンと腕が干渉し、誤作動を防止するため、左側にリモコンを設置している。

 

 

リモコンの配線は、コントローラーのHSという部分にケーブルを繋げていきます。

 

 

そして次は電源の配線を接続していきます。

電源の配線は、モーターやリモコンとは逆側にポートが用意されています。

 

ケーブルカバーを取り付けていく

 

 

次は、これらの配線を隠すケーブルカバーを取付けていく。

 

 

六角レンチで固定して行きます。

このケーブルをカバーにより、ごちゃごちゃした配線を隠すことができる。

 

完成

 

 

後は、逆さになっているデスクを起こすと電動昇降デスクが完成。

デスクを起こす作業は、かなり大掛かりな作業になるので、注意してください。

 

FLEXISPOT E8 Bambooの使用用途

 

 

この電動昇降デスクを導入してから約2週間が経過しました。

 

僕のFLEXISPOT E8 Bambooの主な使用用途は、学校のオンライン授業を受けたり、ブログの執筆で主に使用しています。

最近、学校の授業がオンラインになってZOOMで授業を受けているということもあり、毎日このデスクで長時間の作業をしています。

 

約2週間使用しましたので、良いところ気になるところが見えてきましたのでレビューしていきます。

 

FLEXISPOT E8 Bambooの良いところ 気になるところ

 

FLEXISPOT E8 Bambooの良いところ

 

説明書がわかりやすく作業工程がわかりやすい (ただし重量には注意)

 

 

FLEXISPOT E8の良いところは、説明書がわかりやすく組み立てが比較的簡単にできることです。

重量は、かなり重く女性1人では、組み立てしづらいかもしれないが、手順としては予想以上に簡単に行うことができました。

 

作業工程が少なく、ゆっくりやっても約40分ほどで、組み立てが完了しました。

 

 

また、天板FLEXISPOT純正のものなので、事前に取り付け穴が開けられており、簡単に組み立てることができます。

 

光イチ
本体が重いので、運ぶのは大変だったけど、組立工程は楽だったよ!

 

立ちながらの作業で、眠気や腰痛を軽減

 

 

FLEXISPOT E8 の良いところは、立ちながらの作業をすることで、眠気、腰痛の予防軽減ができたことです。

 

僕は、1日中パソコン作業をしていることが多く、昼ごはん後の眠気や長時間作業時の腰痛にかなり悩んでいました。

電動昇降デスクを導入してから、座りながらの作業を中心に、たまに昇降機で高くして立ちながらの作業に切り替えることで、腰痛眠気が、かなり改善されました。

 

導入前と比べて、作業効率がすごく上がったなと実感できました。

 

また、デスクの昇降音もとても小さく、夜中でも安心して昇降できます。

 

光イチ
立って作業をすると脳血流量が上がり頭の回転も早くなり、ワーキングメモリという脳の記憶の容量が増えるという効果もあるらしいよ!

 

ミリ単位で天板の高さを自由に調整

 

 

FLEXISPOT E8の良いところは、細かく天板の高さを変えることが可能なところ。

 

電動昇降デスクと言えば、座りながら作業し、時には立ちながら作業をするというイメージがあるが、それだけではない。

このFLEXISPOT E8は、ミリ単位で机の高さを調整することができるので、自分に最適な机の高さを見つけることができます。(リモコンに表示されるのは100cmまで)

 

また、天板を少し高めにしたり、低めにしたりすることで、自分の姿勢が変わり、体にかかる負荷を分散することもできます。

 

体にかかる負荷を分散できるのは、疲れに対して効果的で、長時間デスクでの作業を行う人には、かなりおすすめできます。

 

また、62.5cmまで天板の高さを下げることができるので、身長が低めな方や子供でも使用することが可能です。

 

光イチ
ちなみに僕は身長172cm程で、座り姿勢の昇降デスクの高さは81cmで使用しているよ。

 

障害物検知機能を搭載し安全性も高い

 

FLEXISPOT E8の良いところは、安全性が高く、障害物検知機能が搭載されています。

 

FLEXISPOT E8は、本体に一定の衝撃が加わると障害物を検知し、自動で昇降が止まる仕組みになっています。

また、昇降の停止時は、ただ止まるのではなく、2~3cmほど天板が上がり停止する仕組みになっています。

 

この障害物検知機能があるおかげで、小さいお子さんがおられるご家庭でも、安心して導入できるのかなと感じました。

 

 

また5秒間Mボタンを長押しすることで、昇降のLOCKができます。

 

光イチ
僕の場合は、デスクを降ろしたときに、椅子のアームレストがはさまりそうになった時、この機能に助けられたよ

 

メモリ機能搭載で4つの高さを保存

 

 

FLEXISPOT E8の良いところは、自分の好みの高さを4つ記憶させられるところです。

このメモリ機能が搭載されていない、スタンディングデスクは割と多いです。

自分の好みの高さを保存しておくと、ワンタッチで好みの高さに昇降してくれるのは、非常に便利。

 

光イチ
ボタンを押すだけで、座り姿勢の作業ポジションをスタンディング時で切り替えれるのは楽だよ!

 

100%天然素材「竹板」で環境にも配慮

 

 

FLEXISPOT E8 Bambooの良いところは、天然竹を使用しているところです。

 

竹の製品は、木材製品と比べて地球に対しての負担が軽減し、生態系を守る素材だと言われています。

天然竹は、耐久性があり木材のように伸びたり縮んだりすることが少なく抗菌・脱臭効果があるとされ、衛生面でも能力を発揮すると言われています。

 

光イチ
友達に実はこの天板、竹板なんだよと言うと、木製だと思ってたみたいで皆ビックリしてたよ

 

竹板はしっかり角の処理がされている

 

 

FLEXISPOT E8 Bambooの良いところは、天板の角がしっかりと取られているところです。

 

机の角は、場合によっては凶器化することがあります。

この天板に関しては、しっかり角が丸く処理されているので、手が触れてもチクチクしないのも良いポイントです。

 

FLEXISPOT E8 Bambooの気になるところ

 

価格は高めなのでハードルが高い

 

 

FLEXISPOT E8の気になるところは、やはり価格

 

FLEXISPOT E8 Bamboo竹板140cmの天板のセットで、約8万円と高価な製品です。

一般的な昇降デスクは、10万円を超えるものが多いが高校生の僕としては購入となると、身構えてしまう金額だ。

 

配線の整理は工夫が必要

 

 

FLEXISPOT E8の気になるところは、配線の整理問題

電動昇降デスクは、上下に昇降するので机の高さに引っ張られて、ケーブルに負荷がかかってしまうという問題。

 

今はこのような感じで、配線が散乱しており、見た目も良くないので、解決策を考えています。

 

光イチ
ケーブル問題を解決することができたら、また記事にまとめるよ!

 

重量がかなりあるところ

 

FLEXISPOT E8の気になるところは、やはり重たいことです。

天板と昇降機のセットで50㎏以上は、あると思うので1人で移動させるのは厳しい。

ですが、重量が重い分、ガッシリしており、天板の揺れもそこまで気にならないので、僕は許容できそうです。

 

リモコンの感度が良すぎる

 

FLEXISPOT E8の気になるところは、リモコンのスイッチ感度が良すぎることです。

リモコンのスイッチに、少し触れただけで昇降してしまうので、注意が必要です。

特に、マウスを使用している時に、当たってしまうことがあったので、利き手の反対側につけるのがおすすめです。

 

ちなみに僕はリモコンを机の左側に取り付け誤作動の防止対策をしています。

 

FLEXISPOT E8 Bambooはこんな人におすすめしたい

・長時間デスクに座って作業をする人。

・仕事や勉強中にリフレッシュしたい人。

・仕事や勉強中の眠気を軽減したい人。

・運動不足を少しでも解消されたい人。

・腰痛を軽減したいと思っている人。

 

まとめ

 

 

このような感じで、FLEXISPOT E8 Bambooのレビューをしてみました。

 

電動昇降デスクをデスクを実際に導入してから、作業の疲れや眠気が軽減し、快適な作業環境を構築することができました。

天板を昇降させるモーターは、左右の脚に1基ずつ搭載されている効果なのか、スルスルと重いものを乗せても、静音で上昇してくれます。

 

組み上がって、初めて机を昇降させた時は、感動で笑みがこぼれました。

 

長時間デスク作業をされる方や、リモートでお仕事や授業を受けることが多い方は、かなりおすすめしたいアイテムです。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 


FLEXISPOT 公式サイト

FLEXISPOT Amazon販売ページ

FLEXIMOUNTS Amazon販売ページ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ガジェット
-, , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5