コスパ最強ワイヤレスイヤホンJPRiDE TWS-520レビュー

2020-12-05

 

僕は、自宅で音楽を楽しむ時は、スピーカー派だが、移動中やカフェなど、外で音楽を聞くときは、イヤホンを使用している。

今までイヤホンは、断固として、「有線イヤホン」だった。



理由としては、ワイヤレスイヤホンの遅延が気になっていました。



僕は、イヤホンを装着して動画編集などを、たまにすることがあるので、ワイヤレスイヤホンの遅延は、かなり大きな問題だと思っていました。

では、なぜ、ワイヤレスイヤホンが、気になりだしたかと言えば、先日に、京都へスナップ写真を撮りに行った時なのですが、イヤホンのケーブルが、撮影時には、結構、邪魔だなと感じたからです。

 

数日後、アマゾンが、ブラックフライデー&サイバーマンデーが開催されてました。

特選タイムセールの中で、売れ筋のイヤホンについてのレビューなどを調べれば調べるほど、ワイヤレスイヤホンの良さが分かりだしました。

 

快適かもから→良いモノだ→欲しいモノだ→買うべきモノだと気持ちが移り変り、数日後には、家に届いていました(笑)

 

JPRiDE TWS-520について

JPRiDE TWS-520の価格

 

今回、購入したイヤホンは、JPRiDE TWS-520

価格は、セール価格で4000円台前半と、低価格帯のイヤホン。

 

Amazonのレビューでは、べた褒めレビューとイマイチレビューもあり、購入時に少し迷いもあったが、勢いで購入

 


 

 

JPRiDE TWS-520のスペック

 

ブランドJPRiDE(ジェイピーライド)

カナル型イヤホン

バッテリー イヤホン単体6.5時間ケース込み20時間

防水性能 IPX5

対応コーデックSBC/AAC

対応プロファイルHFP/HSP/A2DP/AVRCP

Bluetooth5.0対応

色ブラック

発売年2019

梱包サイズ12.2 x 10.4 x 4.4 cm; 160 g

メーカー保証30日間返品フリーサービス、1年保証

 

JPRiDE TWS-520が来た時のレビュー

 

 

は、かなり高級感があり好印象。

箱のデザインもシンプルで、かっこ良く格安イヤホンとは思えない。

 

 

開け口は、少しおしゃれな作りになっており、横に開く。

 

 

箱にマグネットが内蔵されており、こだわりを感じられた。

実際に開封して感じたのは、本体サイズが非常に小さくコンパクト。

手にすっぽり収まるサイズ感。

このコンパクトなサイズ感は、悪くない。

 

 

デザインもシンプルでかっこいい。

正直、見た目で、選んだところも、ありますが(笑)

 

 

ケース本体は、プラスチック製。

高級感があるとは言えないが。まだマシな方だと思います。

まあ、格安イヤホンなので、高級感がないのは承知の上だが、少し滑りやすいかなと感じる。

ケースがある方が、安心して使用できそうな感じ。

 

ペアリングに関しては、問題なくスムーズに行うことができた。

一度登録すれば、次回からは、自動でデバイスとペアリングをしてくれる。

このペアリングが結構早く、格安イヤホンの中では、かなり優秀だと感じる。

 

JPRiDE TWS-520を1週間ほど使用してみて

 

 

JPRiDE TWS-520を、1週間、毎日使用したところ、かなり満足できる商品だなと感じました。

ワイヤレスイヤホンを導入してから、生活の質が、かなり向上したような気がします。

実際に使用てみて、良かったなと思う点と、気になる点が出てきたので、お伝えします。

 

JPRiDE TWS-520の良いところ

 


 

良いところ

 

  • デザインがかっこいい。
  • 付け心地が良い。
  • 価格が安いので、手軽に購入ができる。
  • ペアリングがスムーズ。

 

個人的に、かなり良いなと思ったのが付け心地。

イヤーピースは、5セット付属されています。

大まかな種類は2種で、ソフトなイヤーピースと少し硬めのイヤーピース。

 

ソフトなイヤーピースは、付け心地が柔らかく、長時間の使用でも、痛くなりにくい。

少し硬めのイヤーピースは、遮音性が高い印象。

音漏れもしにくく、外部の音もかなり遮断されているので、じっくり集中したい時に、非常に良さそうです。

僕は、ソフトのモノを主に使用しています。

 

つけ心地が柔らかく長時間使用時でも、耳への負担が少ないので、かなり気に入ってる。

カナル型のイヤホンは、少し疲れやすい印象を持っていたが、このイヤーピースは、1番僕と相性が良いかなと感じています。

 

JPRiDE TWS-520の気になるところ

 

 

気になるところ

 

  • 音質に関しては、かなり個人差がある。
  • 充電端子がmicroUSB。
  • やはり遅延はある。

 

音質に関しては、かなり個人差が、分かれるなと感じました。

JPRiDE TWS-520は、低音が強く、いわゆるドンシャリ系に、位置すると思われます。



低音は、僕が所有しているイヤホンの中では、強いほうかなと感じました。

高音も、強めに味付けされていますが、少し耳が疲れる印象。

高音が強めのイヤホンにある、スパーンとした、ヌケ感は感じられませんでした。

 

正直言うと、最初は、あまり好みの音ではありませんでしたが、イコライザーで調整することで、かなり改善されました。

ですが、5,000円のワイヤレスイヤホンでは、かなり優秀だなと感じています。



普段使いなら、かなり、快適です。

遅延は、結構ある印象ですね。

動画視聴でも、少し気になるところがありました。



あと、充電端子がmicroUSBが、少し気になります。

これからは、TypeCで、揃えていきたいと思っていたので、気になるかな。

 

まとめ

 

 

今回は、JPRiDE TWS-520をレビュしてみました。

 

少し気になる点もありますが、ライトユーザーの僕は、満足できる製品でした。

この価格で、ワイヤレスイヤホンを試せるのは、非常に魅力的でした。

音質に関しては、かなり個人差が分かれると思われるので、参考程度にして頂きたいです。

 

【極上低音と静寂】BOSE Quiet Comfort Earbuds レビュー

  「出先でも、もっと良い音を楽しみたい!!!」   高校生になってから、僕は電車で学校まで通学することになりました。 通学時間が長いので、音楽を聴きながら、Amazon Kind ...

続きを見る

これは凄い! 超定番コスパ最強イヤホン「KZ ZSTX」レビュー

  「2pinイヤホンで音楽を楽しみたい!」   いつも、ブログをご覧頂きありがとうございます。 イヤホン沼にハマりかけの(koooooosan6)です。   僕の生活の ...

続きを見る


 

 

 






最後までご覧頂きありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ガジェット
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5