NEEWER Amazonランキング1位の激安ストロボをレビュー

2020-10-12

今回はNEEWERさんの激安ストロボを手に入れたので
レビューをして行きたいと思います。

NEEWER 激安ストロボの購入理由


最近、ブログを始めてから、商品の撮影をする機会が増えました。
部屋で商品を撮影する事が、ほとんどです。
僕の部屋は、光量が少なく、暗い写真になってしまい困る事が良くありました。
照明を購入するか悩みましたが、予算が足りなかったので
ストロボで光量を
確保する事にしました。
できるだけ安価にしたかったので、NEEWERのストロボを購入。

NEEWER 激安ストロボのスペック


ガイドナンバー:38 ( ISO 100 )
フラッシュモード:M, S1, S2
回転できる角度:0-90度
ホライゾン角度:0-270 度

電源:4xAAバッテリー(アルカリ電池またNi-MH電池も使えます)
リサイクルタイム:約0.1-5s(AAアルカリ電池使いの場合)
色温度: 5600K
フラッシュ効き時間:1/300s-1/20000s
重量:286g

光を柔らかくするディフューザーもセットで購入。

NEEWER 激安ストロボの良いところ

価格が安い

このストロボの特徴はなんと言っても安い。
メーカー純正品などは、数万円もするものが多く、気軽に手が出しにくい。
他の中華製のストロボでも7000円位のものが多いですが、
この中華ストロボは3000円で購入する事ができます。
これなら僕でも、お小遣いをやり繰りすれば、手が出せるのでありがたい。

操作が非常にシンプル


ボタンの数も少なく純正ストロボのような液晶もない。
難しそうな設定は何一つない。
非常にシンプルな作りをしており
操作も簡単で、専門的な知識がなくても直感的に、操作することができます。
ストロボ初心者には、非常にうれしい、ありがたいポイント。


箱は高級感がある


アマゾンさんから送られてきて開封した時にびっくりしました。
外箱が、かっこよく高級感があった。
いくつか、NEEWERの製品を購入してきたが、トップレベルの高級感。
この箱を手にした時に、テンションがものすごく上がりました。

NEEWER 激安ストロボのイマイチなところ

発光タイミング


少し発光タイミングにムラがあるように感じられました。
安いストロボなので、高級機とこういった所に差がでるのだなと感じました。
ですが、僕は初心者なので充分な性能です。


重く質感は値段相応


やはり3000円のストロボなので質感は値段相応かなと思います。
本体はプラスチック製、筐体も大きくて少しズッシリしている。
僕はほとんど部屋で使用するので特に不便さは感じられない。
持ち運びをするなら、少し不便だなと感じるかもしれない。


少し発光量の調整が難しいかも



少し発光量の調整が難しく感じました。
パワーの調整をしても、一段階あげると強かったり
一段階落とすと弱かったりと、
少し調整が難しそうです。
ですが、工夫で解決できそうな問題なので大丈夫そうです。

高性能な機能はない


このストロボ、ハイスピードシンクロやTTLには対応していない。
この高性能な機能がない為、安いのかなと感じました。
ハイスピードシンクロは、少し欲しいなと感じましたが
目的は、部屋で商品撮りだけなので、あまり不便さは感じないと思われます。
本格的な撮影をされる方は、少し物足りないと感じるかもしれないです。

まとめ

今回はNEEWERさんの激安ストロボを購入したので、レビューしてみました。
完全マニュアルのストロボなので、扱いにくいのかなと感じてましたが
非常にシンプルな作りのストロボなので、初心者にも優しく直感的に使う事ができました。
コスパも良く1本目のストロボとしても、非常にお勧めできる商品だなと感じています。
そして、値段も安価なので気軽に使えるというのも、メリットだなと感じています。
やはりストロボが一つあるとかなり表現の幅が広がります。
個人的には、非常に満足度の高い商品でした。



NEEWER  TT560






最後までご覧頂きありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-映像
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5