世界最小級 デバイスを高速充電 CIO-65W1C レビュー

「Apple純正のMacBookの充電器が重すぎる!」

それに加えて大きい

MacBookを外出先に持っていく機会が増えてきて、そう感じるようになってきました。

以前に投稿した記事で

話題のM1 MacBook Proを使ってみて正直にレビューする

でも紹介しましたが、M1チップ搭載のMacBook Proをメインとして使用しています。

MacBook Pro13インチの純正の充電器は、61Wタイプの充電器。

この純正の充電器が、結構大きくて重たい。

僕は、MacBook Pro13インチを外へ持ち運んで使う機会が多いので、もっと持ち運びしやすいものがないものかと、ネットサーフィンをしていると、かなり魅力的な製品を見つけることができました。

今回はCIOという日本のメーカーの製品であるCIO-65W1Cを紹介していきたい。

 

購入した製品はCIO-65W1C

購入した製品はCIO-65W1Cという製品。

CIO-65W1Cの特徴は、65Wの急速充電が可能ながら、超コンパクトというのが特徴。

65Wとかなり高出力なアダプターなので、MacBoook Pro13インチもフルスピードで充電が可能。

もちろん、MacBoook Pro13インチの他にも、MacBook Airやスマホ、タブレット、PC、Laptop、Switchなんかも充電ができます。

MacBook Pro16インチなどは、91wのアダプターなので急速充電はできないが、出先のもしもの時用として使うことができます。

CIOというメーカーは日本の企業で、最近じわじわ人気が出ているメーカーらしい。

CIO-65W1Cのスペック

メーカー CIO
出力 PDO 5V-3A 9V-3A 12V-3A 15V-3A 20V-3.25A(65W Max) / PPS 3.3-11V 3.25A
筐体サイズ 約40mm×50mm×28mm
重量 約87g
保護機能 短絡防止・過充電保護・過放電保護・加熱保護・過電流保護・過電圧保護
ポートの数 USB TypeC 1ポート
カラー展開 ブラック・ホワイト

 

CIO-65W1Cを開封していく

箱はこんな感じ

Amazonの箱から開封するとこんな感じ。

製品の外装箱も、結構作り込まれており、シンプルで洗礼されている印象。

質感はサラサラしており、個人的には、なかなか良いのでは?と感じている。

 

筐体を見ていく

CIO公式サイトより引用)

カラーは、ブラック/ ホワイトの選択となっています。

僕は、基本的にホワイト系のデバイスが好きなので、ホワイトを選択しました。

 

表面には、CIOのロゴがあるのですが、シンプルで控えめなところが個人的に良いポイント。

Apple純正61w充電器と比べてみると、半分以上小さい。

純正品と並べて比較していると思わず「なんじゃこれ」と口に出してしまうほどのコンパクトさ。

CIOの発表によると、64%CIOのほうが小さいみたいです。

 

筐体の重量もApple純正61w充電器と比べて55%軽いらしくて、今まで使用していたAppleの充電器を持つとかなりずっしりと感じる。

光イチ
もう次からはAppleの充電器には戻れなさそう

充電器筐体の分厚さは、Apple純正61w充電器と比較して2,3mm薄く感じます。

Apple純正の方は、角が削ぎ落とされて丸みがあるので、見た目より薄く見えているが、並べて比較すると分厚さがわかる。

コンセント部分は、しっかりと折りたたみが可能。

若干コンセントの折りたたみ時は少し固めのように感じるが、特に不便はない。

背面には、規格などが書かれている。

もちろんPSE認証マーク取得済みなので安心して使えるだろう。

 

CIO-65W1Cを実際に使用してみて感じたこと

製品を実際に使ってみてある程度経過したので使用した感想をまとめていきます。

CIO-65W1Cの良いところ

世界最小級

やはり、この製品の1番の魅力は、圧倒的な軽さとコンパクトさだ。

世界最小級と名乗っているだけあって軽くてコンパクト。

特に、持ち運ぶ時に重宝し、取り回しも良いなと感じています。

Apple純正の充電器は、かなり重たくて持ち運ぶ時には、かさばっていたので、もっと早く購入しておけばよかったなと思いました。

 

高出力

CIO-65W1Cの充電器は、高出力というのも魅力的ポイント。

65W出力なので、大体の機器はこの充電器で充電することができる。

とりあえず、この充電器を持ち運んでおけば、どのデバイスでも大体のものは、急速充電できるので持っておいて損はないのかなと思います。

 

デザイン

小さくて高出力だけではなく、デザインが良いのも、この充電器の魅力だなと感じています。

シンプルでロゴもかっこ良く、どのデバイスとも相性がよく気に入っています。

シンプルなものが好きな人は、結構刺さるかもしれないです。

CIO-65W1C気になるところ

コンセントを折りたたむとき音が大きめ

CIO-65W1Cの充電器の少し気になるところは、コンセント部分を折りたたむときの音が、少し大きいこと。

まだ、使い込みが足りないのが原因かもしれないですが、Appleの61w充電器と比べて折りたたみ時の音は、少し大きいです。

家での使用では、問題ないですが、カフェとかだと、まあまあ響きそうです。

意識して優しく閉じてあげると、特に問題はないです。

 

光イチ
もう少し使い込んでみて進展があったら報告します!

 

まとめ

こんな感じで、CIOのCIO-65W1Cをレビューしてみました。

・ノートPCやMacBookをよく持ち運ぶ方

・外でよくデバイスを充電される方

・旅行時の充電器として使用される方

・かばんの中に入れておく用として

こういった使い方をする方は、かなりよい相棒になると感じています。

今までは、Apple純正の充電器を使用していたので、65w対応の充電器がこんなに小さくなるのか...と驚きです。

もう少し早いうちに買っておけば、便利だったのになと思っています。

まだ、3月ですが今年の買って良かったものランキング上位に食い込んできそうな予感がします。


CIO-65W1C Amazonリンク

 



最後までご覧頂きありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ガジェット
-, , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5