MacBookでおしゃれにブラインドタッチ BOS05 レビュー

2021-05-10

 

ブラインドタッチでカッコよく打ち込みたい!

以前にも、ブラインドタッチをマスターしようとタイピングソフトで、練習をしたことがあります。

ブラインドタッチを覚えるコツは

ホームポジションを保つこと

指とキーの位置を覚えること

ひらがな打ちで、自然とそのキーの上にのせられること

らしいので、それらのことを意識して練習をしていました。

 

練習している時は、ある程度の手ごたえを感じるのですが、作業をするとなると、ついつい手元を見てしまいます。

そういった感じで僕には、ブラインドタッチの壁は、高かった

なにげなくYoutubeを見ていると、Macbookのキーボードの無刻印化というものがありました。

自分には、これしかないと思いました。

キーボードの刻印されている上に、シールみたいなものを貼って刻印を消している

文字がなければ、強制的に文字配列が覚えられキーボードのチラ見がなくなるのでは。

全てのキーボードのキーが真っ黒なので、シンプルでカッコイイ

早速、アマゾンで注文しました。

 

ブラックアウトステッカー BOS05-JIS

 

この製品の良い所

キーボードの消耗が軽減される
・見た目がミニマルでオシャレになる
・ブラインドタッチの練習になる
・無刻印初心者でも挑戦しやすい
・ストロークが深くなり、個人的に良い感じになった

この製品のイマイチなところ

・キーボードの段差にゴミが溜まりすい
・綺麗に貼るのは、かなりの体力勝負

 

Blackout Stickerを詳しく見ていく

付属品の確認

 

外装箱はなく封筒で、郵便で届きました。

内容物

シール本体

取扱説明書兼連絡先

シールの一覧表みたいなモノ

Blackout Stickerを貼っていく

 

取説では、ピンセットを使用して貼るようにと書かれていましたが、僕は手で貼りました

きれいにはがせる。 再はく離可能な素材を採用。はがしてもノリ残りしません。

とアマゾンの説明の方には書かれていたので、それほど緊張せずに貼ることができました。

手でもきれいに貼ることができました

この製品は、Macbook Airと共用で、僕の持っているMacbook Proは、上の部分はTouch Barなのでシールが余りました。

ちなみに、予備のシールもありました。

 

 

文字がシルエットに。視覚と手触りで伝えます。キーに覆いかぶさる形状をしながら、文字のシルエットがわかる オリジナルのカットを専用フォントとともに新開発。 貼り付けると一見は真っ黒いキーが、目と指で判別できます。(意匠登録出願済)

アマゾンの説明の方には書かれていました。

このシールは、キーごとに形状が異なっており、慣れてくれば指をのせただけで、どのキーかわかりそうです。

 

 

もしもの時のために、先日ラミネーターを購入したので、同梱してあったシールの一覧表みたいなモノをコピーしてカンニングペーパーを作りました。

格安ラミネーターの実力は? 2021最新品 Orthland レビュー

 

あくまでも、いざという時のために!

 

Blackout Stickerを実際に使ってみた感想

良いところ

 

キーボードの消耗が軽減される

 

まず、この製品の良いところの1つ目は、キーボードの消耗が軽減されること。

キーボードは、PCの中で最も手に触れるパーツなので、長期間使用すると劣化しやすいパーツでもあります。

文字の印刷が剥げてきたり、キーボードにテカリなどが出てくることが結構多くあります。

ですが、このBlackout Stickerを使用すると、1枚シートを挟む状態になるので劣化がかなり防げます。

MacBookは、特に中古の買取りの価格も高いので、キーボードを保護をしておいて損はないと思います。

 

見た目がミニマルでオシャレになる

 

この製品の良いところの2つ目は、見た目がミニマルでオシャレになること。

Blackout Stickerを貼ってから一気に、シンプルでオシャレになったと思います。

MacBookはとても洗礼されたミニマルなPCなので、キーボードの無刻印化は、かなり相性抜群です。

友達から「MacBookのキーボードかっこいい!」と言われることが増えたので、かなり嬉しかったです。

 

 

ちなみにBlackout Stickerを貼る前はこんな感じでした。

 

ブラインドタッチの練習になる

 

この製品の良いところの3つ目は、ブラインドタッチの練習になること。

キーボードの刻印がすべて消えるので、ほぼ強制的に配列を覚えることができそうです。

ブラインドタッチができるようになると、タイピングの速度が速くなったり、頭を下げなくなるので作業効率もアップします。

そして何よりカッコイイです。

光イチ
キレイにブラインドタッチができるようにがんばります。

 

無刻印初心者でも挑戦しやすい

 

この製品の良いところの4つ目は、無刻印初心者でも挑戦しやすいということ。

僕が購入した製品「ブラックアウトステッカー BOS05-JIS」では文字をイメージして設計されたシールなので、手触りでわかるようになっています。

パッと見た感じでは、真っ黒なキーボードに見えますが、よく見ると目でも形状が異なっていることが判断できるので、初心者でも、挑戦しやすいです。

 

ストロークが深くなり、打鍵感が個人的に良い感じになった

 

この製品の良いところの5つ目は、ストロークが深くなり個人的に打ちやすくなったということ。

MacBookのキーボードは、とても薄くペチペチとした打鍵感でしたが、Blackout Stickerを貼ってから、少しストロークが深くなり僕の好みに近づいてきました。

好みが少し分かれるかもしれませんが、僕はストロークが深いほうが好きなので、かなり良いポイントでした。

 

気になるところ

キーボードの段差に汚れが溜まりやすい

 

この製品の気になるところの1つ目は、ステッカーの段差にゴミが溜まりやすいこと。

ステッカーを貼ることでキーボード上に段差ができたので、以前よりゴミが溜まりやすくなりました。

ですが、以前よりマメに掃除しているので、MacBookはきれいに保たれそうです。

 

綺麗に貼るのはかなりの体力勝負

 

この製品の気になるところの2つ目は、綺麗に貼るのは、かなり体力勝負だということ。

これは仕方ないことですが、キーの1つ1つにシールを貼る作業は、結構疲れました。

時間のあるときに、ゆっくり貼るのがおすすめです。

 

まとめ

 

このような感じで、ブラックアウトステッカー BOS05-JISについてまとめてみました。

貼ってから、まだ数日ですが、かなりキーボードを見る回数が減りました。

でも、入力のスピードは落ち誤字脱字が多くなったような気がします。

もっと使い込んでいけば、完全にブラインドタッチができる人になれそうな気がします。

強制的にブラインドタッチにするというのも、ありだと思います。

見た目もカッコよくなり、購入してよかったと感じています。


Blackout StickerのAmazonリンク

 

TSUKUMOネットショップ



 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ガジェット
-, , , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5