待望 Anker MagSafe モバイルバッテリー レビュー

2021-04-17

 

念願のAnkerのMagsafe対応モバイルバッテリーが日本で発売開始された!

iPhone12に内蔵されているMagsafeを利用したモバイルバッテリー

Anker PowerCore Magnetic 5000が発売されたので購入しました。

以前、当ブログで

不人気?手のひらに納まる iPhone12 mini レビュー

で紹介させていただいたとおり、僕のスマホの愛機は、iPhone12 miniです。

 

iPhone12 miniは、コンパクトでとても気に入ってはいますが、コンパクトな故にバッテリーの持ちが悪いです。

購入時に、モバイルバッテリーを購入しようと思っていましたが、Ankerから「ケーブルを使用せずにMagsafeを利用したモバイルバッテリー発売される」という噂を聞き、この発売を待ち構えていました。

今回は、Anker PowerCore Magnetic 5000を手に入れることができたので、レビューをさせていただきます。

 

Anker PowerCore Magnetic 5000のスペック

製品名 Anker Power Core Magnetic5000
バッテリー容量 5000mAh
出力 ワイヤレス充電の最大出力は5W      有線での充電の最大出力は10W
本体サイズ 高さ9.3mm、幅6.2mm 、厚さ1.6mm
重量 133g
保証 最大24ヶ月保証 ※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象
その他 PSE技術基準適合・パススルー充電にも対応

 

今回、新しく発売されたAnkerのMagSafe対応のモバイルバッテリーのスペックは、このような感じ。

バッテリー容量は、5000mAhと非常にコンパクトなバッテリー。

iPhone12 miniはフル充電が可能だが、それ以外のiPhone12シリーズではフル充電には満たないようです。

だが、1日の外出ならば大抵持つだろうといったところ。

ワイヤレス充電の最大出力は5W、有線での充電の最大出力は10Wまでと、高速充電には対応していない

ワイヤレスの最大出力の10Wは欲しいな...」なんて購入前は思っていたが、iPhoneの裏側にずっと貼り付けておけば、良いので個人的には許容範囲です。

 

Anker PowerCore Magnetic 5000の詳細

外箱は、このような感じ。

ホワイトとライトブルーのAnker製品らしい外箱です。

箱から付属品を取り出すとこのような感じ。

付属品


モバイルバッテリー本体 (1個)
USB typeCケーブル (1本)
説明書・保証書

 

バッテリー本体を見ていく

バッテリーの筐体は、非常にコンパクト

僕の手のひらより、少し大きくてズボンのポケットやリュックのサイドポケット等にも、すっぽりと入ります。

筐体のカラーはグレー」の一色展開

筐体の質感は、全体的にサラサラしており指紋なども目立ちにくくて、滑りにくそうです。

ワイヤレス充電の面は、このような感じ。

位置合わせ用の「」と「」があり、iPhoneに取り付ける際は線が下になるように取り付ける

ポートや電源のスイッチ、充電残量のランプの面はこのような感じ。

充電は、同梱されているUSB TypeのCケーブルから可能。

最大入力は11Wとなっている。

 

Anker PowerCore Magnetic 5000を使ってみた感想

良いところ

コードレス・MagSafeが何より便利すぎる

まず、このモバイルバッテリーを使ってみて一番の感想は「コードレス」と「Magsafe」の快適さだ。

ケーブルを持ち運ばずに、コードレスでiPhone12シリーズが充電できるという手軽さ。

MagSafeの磁石の力によりコードレスでも接点がずれないので、つけっぱなしでOKというのは、かなり革命的だなと感じている。

通勤や通学、外出時なんかに、かなり活躍してくれそうです。

 

コンパクトで持ち運びやすい

良いところ2つ目は、非常にコンパクトだというところ。

片手にすっぽり収まるサイズ感で、重量も軽く、かさばらない。

モバイルバッテリーはできるだけかさばらない方が良い」という方や「頻繁に使わないけどモバイルバッテリー1つ持っておかないと不安だな」という方には、かなりおすすめできます。

 

パススルーにも対応

良いところ3つ目は、パススルーに対応しているところ。

パススルーとはモバイルバッテリーにACアダプターをさせば、モバイルバッテリーとスマホ同時に充電できる製品のこと。

これが、かなり便利で助かっている。

iPhoneとモバイルバッテリーを同時に、充電できるので寝る前にモバイルバッテリーの上にiPhoneを置いておけば、外出先で「モバイルバッテリーの充電忘れてた」という事件を起こす確率もかなり軽減されます。

光イチ
カフェや公共の電源は限りがあるから、パススルーだとバッテリーとスマホを同時に充電できて便利だよ

 

質感も良く、安心のAnker製

 

さすが、Anker製品はコスパがものすごく良いなと感じています。

約4000円ほどで購入できるモバイルバッテリーですが、チープな感じもなく品質も良いです。

また、AnkerのMagSafe対応前にも、MagSafe対応のモバイルのバッテリーは市場に出回ってはいたが、よくわからないメーカーのものだったり、PSE技術基準に適合していない製品が多かったり等、安心のAnker製品なので、安心して使えるのもポイントが高い。

 

iPhone12 miniでも使える

良いところ4つ目は、iPhone12 miniでも使えるところ。

MagSafe対応のモバイルバッテリーを何台か試しに使ってみたことがあるが、iPhone12 miniよりバッテリーの筐体のほうが大きくてはみ出てしまっていたり、iPhone12 miniのカメラにバッテリーがかぶさっていたりカメラにバッテリーなどが映り込むなど、iPhone12 miniとの互換性がイマイチな製品が多かった。

だが、Anker Power Core Magnetic5000は、iPhone12 miniに完全対応している。

 

気になったところ

ワイヤレス充電の最大出力が5W

Anker Power Core Magnetic5000の気になるところは、「ワイヤレス充電の最大出力が5W」というところ。

技術的に難しのいのかどうかは、わからないが、5Wは少ないと感じています。

せめて「10Wあれば.....」完璧だなと思います。

光イチ
基本的にこのバッテリーはiPhoneの裏に付けっぱなしでOKなので、実用上は思ったより気にならないかったけど....。

 

磁力が少し弱い気がする

Anker Power Core Magnetic5000の気になるところ2つ目は、「磁力が少し弱い」というところ。

サードパーティーのケース装着時は、かなりがっしり安定している。

だが、iPhoneのケースを外して、直接モバイルバッテリーに装着すると、磁力が弱いなと感じました。

片手で操作するとバッテリーの下の部分がズレる程なので、もう少し強くして欲しいなと感じました。

 

Anker PowerCore Magnetic 5000のレビューまとめ

このような感じで、Ankerから新発売されたMagSafe対応モバイルバッテリー「Power Core Magnetic5000」をレビューしてみました。

この製品は、かなり前から狙っていた製品だったので、手に入れることができとても嬉しいです。

ワイヤレスの最大出力や、磁力に関して気になるところもありますが、「コードレスでスマホの裏にくっつく」というのは、とても快適です。

他の製品と比べても、現時点では、トップレベルで完成度が高く、MagSafe対応モバイルバッテリーを購入するならAnkerで、ほぼ1択になると思います。

これから、色々なメーカーからMagSafe対応モバイルバッテリーが出てくると思われるので、これから非常に楽しみです。


この記事内で出てきたモノ

Anker Power Core Magnetic5000のAmazonリンク




最後までご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

光イチ

2005年5月9日生まれの16歳
ネットの高校「S高等学校」に通う高校1年生とエンジニアの父と一緒に運営しているブログです。

パソコンやガジェット、テック系を中心に、好きなコトやモノと一緒に暮らす生活の良さを発信しています。

レビュー依頼、ご意見なども受け付けています。 お気軽に『お問い合わせフォーム』や『SNSのDM』からご連絡ください。

-ガジェット
-, , ,

© 2021 光イチ Powered by AFFINGER5